2010年06月11日

口蹄疫拡大 封じ込め失敗、落胆深く 農水省(産経新聞)

 宮崎県の口蹄(こうてい)疫は、えびの市で終息が確認されるなど沈静化の兆しが見え始めた矢先、再び猛威をふるい始めた。農林水産省では、感染拡大を許した殺処分の遅れを繰り返すまいと、早めの対応を進めるが、感染拡大はそれをしのぐ勢いだ。関係者には疲労の色がにじむ。

 「迅速な初動対応が何より重要で、緊張感を持って対応したい」。10日午前の政府対策本部で、本部長の菅直人首相は初動の大切さを閣僚に訴えた。山田正彦農水相の後任として、9日に現地対策本部長に就いたばかりの篠原孝農水副大臣は10日に現地入りし、陣頭指揮を取り始めた。

 殺処分を急ぐため、農水省や県は写真判定で感染の可能性が高い場合には、遺伝子検査結果を待たずに殺処分する方法に2日から切り替えている。

 写真判定では、家畜のひづめの水疱やよだれなど口蹄疫の典型的な症状を動物衛生研究所の専門家が判断する。

 症状がある家畜は24時間以内の処分を目指す。

 えびの市で豚に発生した際も、写真判定で即日殺処分しており、同市は「初動対応の早さが終息に繋がった」としている。都城市での即日殺処分も、えびの市のケースを手本とした。農水省職員は「検査結果を待てば殺処分は半日遅れた。できるだけ早く対応しなければ」と話す。

 だが、一度沈静化の兆しがみえていただけに、今回の“飛び火感染”に農水省では疲労と落胆のムードが漂っている。

 4月20日の発生以降、農水省では対応に追われ続けてきた。拡大一途だった発生が5月下旬のワクチン接種後、6月4日以降は1日1〜3件に。省内でも「ウイルスの排出量は確実に減っている」「このまま収まってくれれば…」といった声が聞かれ始めていた。

 そうした中、新たな感染が発覚。「どこで発生してもおかしくない状況だったとはいえ、『なぜだ?』と思った。自分も職員も昨日は帰宅していない」とある幹部は疲れ切った表情で話した。「なぜ飛び火したのか、分かれば苦労しない」と頭を抱える幹部もいる。

菅内閣が今夜発足へ 11閣僚が再任(産経新聞)
淀川遺棄の相談電話放置、検証必要…警察庁長官(読売新聞)
<悪ふざけ>消防士長、AED胸にあて携帯で動画撮影 戒告処分に(毎日新聞)
阿久根市長を降格人事で告発…職員側弁護団(読売新聞)
「参院選に政治生命かける」谷垣氏が決意(産経新聞)
posted by サカタ ヨシヒロ at 23:17| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

「雷雨の日」、情報求める=発生1年でチラシ配布―資産家夫婦殺人放火・警視庁(時事通信)

 東京都板橋区の不動産賃貸業瀬田英一さん=当時(74)=宅で、瀬田さんと妻千枝子さん=同(69)=の遺体が見つかった殺人・放火事件が発生から1年がたつのを前に、警視庁板橋署捜査本部は23日、「1年前の雷雨の日」と書かれた情報提供を求めるチラシを配布した。
 捜査員らは午前10時ごろ、東武東上線大山駅前の商店街などでチラシ3000枚を配布。同庁の若松敏弘捜査1課長は「凶悪で卑劣な事件。1件でも多くの情報を」と呼び掛けた。
 事件は昨年5月25日午前0時半ごろに発覚。瀬田さん宅から出火し、焼け跡から夫婦の遺体が見つかった。2人とも鈍器で殴られた上、片刃で細身の刃物で胸などを刺されていた。
 現場で油が検出され、襲われた後、放火されたとみられる。瀬田さんは資産家として知られ、家の中から数千万円の現金が見つかった。捜査本部は強盗目的の可能性があるとみている。
 捜査員約40人が専従で捜査しており、事情を聴いた人は8000人を超える。「男が家の前に立っていた」などの情報が約70件寄せられた。
 近所の無職男性(63)は「すごい雷の夜で今でも覚えている。もう1年たってしまったのか」と語った。
 情報提供は板橋署捜査本部の直通電話03(5272)0110まで。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ウェザーフォト・気象の写真
シティバンク副支店長2人を逮捕=タクシー運転手殴る
西日本で大雨、東に拡大へ=低気圧北上、警戒を
47歳作業員と長女逮捕=76歳男性殺害、放火容疑
47歳男と娘を逮捕へ=76歳男性殺害、放火事件

民主「党活動費停止ほかにも4人」(産経新聞)
<都青少年健全育成条例改正案>日弁連が反対声明(毎日新聞)
<兵庫県警>巡査 「いい女の子紹介して」と交通違反見逃す(毎日新聞)
ライター安全規制を決定…既存品の9割以上(読売新聞)
乳酸菌飲料「ピルクル」に酵母混入、自主回収(読売新聞)
posted by サカタ ヨシヒロ at 12:11| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

そのとき目撃者は…110番通報で被害の様子を“ライブ中継”(産経新聞)

 【法廷ライブ 秋葉原殺傷 第8回公判】(4)

 《加藤智大(ともひろ)被告(27)の公判は、約2時間の休廷を挟み、予定通り午後1時半に再開された。村山浩昭裁判長が加藤被告の入廷を促す。加藤被告は傍聴席と裁判官席に向けてそれぞれ一礼して被告人席に着席する。顔色は青白く、いつも通り表情に乏しい》

 《続いて、この日3人目の証人が入廷してくる。紺色のスーツ姿の男性で、見た目は20〜30代前半といったところだ。偽証しないことを宣誓し、証言席に着席。女性検察官が尋問を始めた》

 検察官「平成20年6月8日に、秋葉原で起こった事件の現場にいましたね」

 証人「はい」

 検察官「なぜ、この日、現場の近くにいたのですか」

 証人「自宅の近所の美容室が秋葉原の清掃活動を行うことになっていて、それに参加しました」

 検察官「6人くらいで参加したということですが」

 証人「はい」

 《検察官がここで、証人尋問ではおなじみとなった、現場交差点の見取り図を証人に示した》

 検察官「どこら辺でゴミ拾いをしていましたか」

 証人「中央通りです。(現場の)交差点の南の方で、南側を向いて(現場に背を向けて)いました」

 検察官「(事件発生時)どのようなことがありましたか」

 証人「後ろの方(交差点側)から『ドーン』という音が聞こえました」

 検察官「何が起きたと思いましたか」

 証人「交通事故が起きたのだと思いました」

 検察官「その後、どうしましたか」

 証人「110番通報しながら、交差点に近付きました」

 《検察官に促され、ゴミ拾いをしていた位置や、交差点のどのあたりまで歩いていったのかを見取り図に記入する》

 検察官「倒れている人はいましたか」

 証人「3人いました」

 《証人は続いて、加藤被告のトラックにはねられたとみられる被害者3人の位置を見取り図に記入した》

 検察官「3人はどのような感じでしたか」

 証人「2人は事故ではねられたせいか、服が脱げているような感じ。もう1人は細かくは覚えていません」

 検察官「そのとき警察官を見ていますね」

 証人「はい」

 《今度は警察官の位置を記入した》

 検察官「その後、視界には何か入りましたか」

 証人「右の方(交差点東側)から男が走ってくるのが見えました」

 検察官「その男は何かしましたか」

 証人「警察官に近付き一瞬止まると、警察官の脇腹を殴ったように見えました」

 検察官「男はどのような感じでしたか」

 証人「細身で、悪くいうと、優男のような感じでした」

 検察官「その男をこれから犯人と呼ぶことにします。警察官に近付いた後、犯人は脇腹を殴ったように見えたということですが、何か持っていましたか」

 証人「持っているようには見えませんでした」

 検察官「殴られたように見えた警察官はどうなりましたか」

 証人「少し後ずさりする感じで、その後、倒れました」

 検察官「犯人はその後、どこに行きましたか」

 証人「(交差点西側の)電器店のほうに向かっていきました」

 検察官「そのときの様子は?」

 証人「蛇行しているような感じで、少々腕を広げて近くの人に近付く感じでした。2、3人に攻撃したように見えました」

 《検察官の指示で、証人は攻撃されたように見えた2人の位置を見取り図に書き込む。証人は気持ちを高ぶらせることもなく、淡々とした様子だ》

 検察官「(交差点西側で)犯人はどうしましたか」

 証人「男の人にぶつかった気がします」

 《証人はぶつかられた男性の位置も記入した》

 検察官「あなたはその後どうしましたか」

 証人「交差点に視線を戻しました」

 検察官「110番はつながったままですね。警察官には何を伝えましたか」

 証人「最初は交通事故だと思ったので、現場の様子を伝えましたが、警察官が倒れるのを見てからは犯人の特徴を伝えました」

 検察官「(通報先の)警察官からはどんな指示がありましたか」

 証人「目に見える限りの被害者の様子を見てほしいと言われました。詳しくは見えない部分がありましたが、(先にはねられた)3人は全身血まみれで、息もしていない様子だったので厳しいなと思いました」

 《その後、検察官は証拠として提出している事件当時の現場の写真を証人に見せて、証言の内容と写真で被害者の様子が一致しているかを確認した。尋問中、加藤被告は、目線を落としたまま。ほとんど身動きもせず、被告人席に座っている》    =(5)に続く

【関連:秋葉原殺傷事件】
(1)上司を刺された女性警官の証人、被告を鋭くにらみ付けた
「宝箱の街、秋葉原を殺人の舞台にした犯人には極刑を!」強く訴える目撃者
検察官も「AKB」 右腕に傷跡「見せてもらえますか」
地図に男、男、男…混乱気味の尋問に裁判長も「このままでは分からなくなる」
「トラックにはもじゃもじゃ髪の男が…」現場で目撃した犯人

医療少年院で暴行=法務教官を戒告処分―三重(時事通信)
<ダイヤ鑑定>福島消費者相、業界団体の取り組み注視(毎日新聞)
<事業仕分け>厚労相、安全ミュージアムの「廃止」明言(毎日新聞)
今期18営業所新設、事業拡大路線に転換―セントケアHD(医療介護CBニュース)
タクシー運転手遺体、強盗殺人として捜査 神奈川・平塚(産経新聞)
posted by サカタ ヨシヒロ at 13:56| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。