2010年03月04日

性同一性障害の中1女子、男子学生服で登校OK(読売新聞)

 自分の性に強い違和感を抱く鹿児島県内の中学1年の女子生徒(13)が、男子が着る学生服での登校を求めている問題で、学校は4月の新学期から学生服での登校を認めた。

 生徒や教師、保護者に理解と協力を求めながら生徒を支援していくという。

 両親によると、生徒は3歳頃から自分を「僕」と呼ぶようになり、スカートなどの服装を極度に嫌がった。中学入学後はセーラー服を着るだけで吐き気をもよおすようになり、両親に悩みを打ち明け、9月からは体操服姿で登校していた。

 学校はこれまで「前例がなく、ほかの生徒への精神的ショックが大きい」として、学生服の着用は認めなかった。しかし、生徒の訴えや性同一性障害とした専門家の診断で、学生服の着用を認めた。名前も変更し、学校で「男子」として扱われるようになる。

 母親(41)は「これからが本当の試練だが、娘が自分らしく生きていけるよう、家族で支えあって乗り越えたい」と話している。

 校長は「議論を尽くした結果であり、全力でサポートしたい」と話している。

<お別れの会>山本雄二郎さん 3月15日に東京で(毎日新聞)
首相動静(3月3日)(時事通信)
普天間問題 米、1500メートル滑走路を要求 シュワブ陸上案難航も(産経新聞)
週1回、記者会見を開放=事前登録で参加認める−行政刷新相(時事通信)
「物理」で出題ミス=鹿児島大(時事通信)
posted by サカタ ヨシヒロ at 05:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。